水環境を
トータルでサポートし
地域生活に貢献する

会社概要

新社屋イメージ図

渡辺機工株式会社


本社(仮事務所) 〒700-0826
岡山市北区磨屋町1番6号
TEL 086-225-1761
FAX 086-232-7131
設立 1962年5月26日(創業1959年1月4日)
代表者 代表取締役  渡辺 悦子
資本金 20,061,000円
従業員数 26名(2019年12月)
事業内容
  • ■水処理事業[施工管理・運転管理・メンテナンス]
    ・下水道設計計算
    ・上下水道水処理機械設備
    ・上下水、雨水排水ポンプ設備
    ・電気・計装設備、テレメ-タ-・故障通報装置
    ・各種バルブ・ゲート設備
    ・付帯する一切の付帯事業
    ・排水ポンプ運転管理
    ・モーター用電力削減装置
  • ■システム開発事業
    ・CADアプリケーション開発
    ・故障通報システム開発
    ・管理ソフト開発
    ・自然エネルギー発電システム販売
    ・パソコン及び周辺機器販売
  • ■LED事業
    ・LED大型映像看板
    ・LED特殊照明機器開発
    ・LED照明機器販売
取引先 岡山県、岡山市、倉敷市、玉野市、笠岡市、高梁市、総社市、赤磐市、矢掛町、勝央町、岡山市水道局、倉敷市水道局、玉野市水道課、笠岡市水道課、岡山県南部水道企業団、備南水道企業団、岡山県西南水道企業団、岡山県広域水道企業団、その他県下市町村
取引銀行 百十四銀行 岡山支店、中国銀行 岡山駅前支店、三井住友銀行 岡山支店、三菱UFJ銀行 岡山支店、トマト銀行 中山下支店
取得許可
  • 岡山県知事許可
  • 特定建設業 機械器具設置工事業(特-4)第1761号
  • 特定建設業 電気工事業(特-4)第1761号
  • 一般建設業 電気通信工事業(般-4)第1761号
  • 一般建設業 鋼構造物工業業(般-4)第1761号
  • 一般建設業 水道施設工事業(般-4)第1761号
  • 一般建設業 管工事業(般-4)第1761号

沿革


1887(明治20)年 渡辺元太郎倉敷市玉島より現住所に移転し米穀商を開業
1902(明治35)年 長男道太郎が継承し度量衡の免許を取得し合わせて営業を開始
1907(明治40)年 タバコ、塩の専売販売権利を取得する
1930(昭和5)年 長男勇に継承する
1940(昭和15)年 米穀商統合により米穀商を廃業。長男忠一継承する
測量器、製図器、計算機、事務機器等を販売開始
1945(昭和20)年 6月 岡山空襲により全焼
1946(昭和21)年 復興再建
1950(昭和25)年 渡辺行太関西高校卒業後、勇商店に入社
秤修理技術取得のため大和製衡株式会社へ出向
1951(昭和26)年 勇商店に復帰
1959(昭和34)年 行太独立。海水滅菌装置の販売を開始
火力発電所覆水器の冷却水滅菌に採用され、これが水処理業務の足がかりとなる
1962(昭和37)年 渡辺機工株式会社 設立(資本金1,500千円)
1967(昭和42)年 建設業、機械器具設置工事 登録
1987(昭和62)年 増資(資本金4,875千円)
1994(平成6)年 増資(資本金9,315千円)
1995(平成7)年 増資(資本金20,061千円)
1998(平成10)年 渡辺 悦子が代表取締役に就任